携帯さえあればお金を得られる?

援助交際にも利用されていると噂の出会い掲示板

FirstMail

  • エッチ相手募集
  • 援助出会い

無料で利用OK

満足度

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援助交際サイトとして好まれている

疑似恋人体験&エッチな出会いに!

出会いひろば

  • エッチ相手募集
  • 援助出会い

無料で利用OK

満足度

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

即会い出来るエッチな出会いに最適!

SWEET LINE

  • セフレ募集
  • 気軽な出会い

無料で利用OK

満足度

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

気軽なエッチを求める若い女性と出会うなら!

各種税金の増税や賃金のベースアップ無しという状況に疲れ果てている人は多いでしょう。
派遣社員の人は「ボーナスも退職金もあっていいね」と正社員を羨みますが、正社員の人は「終身雇用なんて大昔の話だし、ボーナスもサビ残を考えたら足りない。すぐ逃げ出せる派遣の方がいい」とボヤく人が増えてきている始末です。
これは大人だけの嘆きではありません。未成年者も同様です。
先述の増税もあり、最近の10代のアルバイト相場は一回の食事代にも満たない状況です。
さらにスマートフォンやタブレットの所有が当たり前になっているため、親は子供に昔のような援助はしてあげられません。洋服や本などはアルバイトで稼いだお金で購入してもらいたいと思っていますし、実際そうです。
大人でさえが「こんな状況では毎日がつまらない」と思っているのですから、10代は何を況んやです。
未成年は世の中のことを知らない代わりに、高い順応性を備えています。
大人であれば携帯電話は通信と暇つぶしの手段というイメージしか湧きませんが、10代はその限られた世界をどれだけ広げられるか試行錯誤するのです。
もし、昔のようにちょっとした情報を得るだけでも通信費がかかったものですが、現在はLINEなどすきなだけコミュニケーションがとれる手段があります。
これはとても便利なもので、特に援助交際にはもってこいなのです。
例えば、携帯をしょっちゅういじっていて、親が「何をしてるの?」と聞いてきても「友達とLINE」と答えれば疑われません。
でも、実はほのぼのした画面の中に「酸でいいよ」、つまり「三万円でヤらせてあげる」といったメッセージが映し出されているのです。
さらに「急にバイトの代理頼まれちゃった。晩ご飯いらないから」と夕方に出かける姿を見て、親は「ウチの娘はしっかり者だ」と感心するでしょう。
大人はよもや携帯電話があればお金を得られるとは想像もしていませんし、通信機器メーカーもそんなことを想定して開発もしていません。
こういった例だけでも、いかに順応性に優れているかわかるというものですね。

携帯電話以前の援助交際とは?

援助交際のステレオタイプといえば、携帯電話を肌身離さず持ち歩いている女子高生です。
携帯電話を使ってお金をくれる相手を値段の交渉をしたり、待ち合わせ場所を話し合っているというイメージですね。
では、携帯電話が無かった頃はどうだったのか?という疑問が浮かびます。
携帯電話が普及し始めたのはかれこれ20年ほど前です。
勿論、それ以前から存在はしていましたが、軽量化がなされ、通話料が個人でも支払えるほど値下がりしたのがそれくらいの時期です。まだメール機能も付いていませんでした。
その頃、どうやって援助交際が行われていたかというと、伝言ダイヤルやツーショットダイヤルというサービスを使ってです。
伝言ダイヤルは特定の電話番号に電話をかけた人がメッセージを録音したり、そのメッセージを再生して連絡を取り合うものです。
たとえば、Aという電話番号があったとして、その番号は援助交際専門だとします。
そこへ援助交際を希望する人がメッセージを吹き込み連絡を待つという具合です。
連絡があるか無いか確証がない点と、あっても時差が大きい点はネットでいう掲示板に似ていますね。
次にツーショットダイヤルですが、これは特定の電話番号の中にいくつも二人きりで話せる回線が存在するというものです。
これはネット言うとLINEに近いですね。電話番号内に存在するアクセス番号がLINE IDのようなものです。
なので、「援助交際は携帯電話の普及がもたらした弊害」という認識は誤りで、そんなことが無くても昔から似たような方法で援助交際は行われていたということですね。

嫌な思い出はどうやって甦るのか?

メディアの影響もあるのでしょうが、援助交際というと未成年女性がお金のためにしているというイメージがあります。いえ、イメージではなく事実でしょう。
成人女性の中にも援助交際をしている人はいますが、物事の分別ができるので「そんな馬鹿なことはしない」という人がほとんどです。
なので、援助交際をしている未成年女性に「やっていることは売春で、とても愚かしい」とか「無駄にした時間は帰ってこない」と意見する人が多いようですね。
だというのに、「知ったようなこと言うな」、「実際、援助交際したことあるの?」と切り返されることもしばしば。親身になったつもりがしどろもどろという人もいるでしょう。
では、どうやって援助交際をやめさせるか?その方法はありません。
ただ、確実に言えることは、一度経験してしまうとその記憶は死ぬまで消えないということです。
「忘れる」という言葉がありますが、それは一時的に思い出せないことを指します。
人間の脳は精密で、一度インプットされたことは絶対に忘れません。コンピューターと同じく、しまい込んでいるフォルダから取り出すような仕組みになっているのです。
特に思い出したくない記憶というのは自分の中でも風化していくのですが、あることがきっかけでフラッシュバックするのです。
それは、援助交際をしていた頃に流行していた曲であったり、言葉だったりします。
よく、薬物に手を出して後悔している人のドキュメンタリーが放送されますが、援助交際も同じなのです。
たとえば、しょっちゅうLINEを使っていたなら、LINEという言葉で、IDという言葉だけでもLINE IDを連想してパニックになってしまったり。
このように、援助交際で負った心の傷はいつまでも癒えることはないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ